バイヤグラの効果が現れない人たちへ/勃起障害のない人には効果がない

バイヤグラの効果がなかった例

バイアグラの効果がなかった体験談

56歳のスチュアートは、少しバツが悪そうにバイヤグラ体験と語りました。「正直に言って、何とも感じなかった」勃起は硬さもそのほかの面でもいつもと同じだったし、絶頂も早くもなく遅くもなく、全く普段を変わらなかった。

 

終わった後も、もう一回したいという気持ちにもならなかった。

 

スチュアートはバイヤグラを飲んでマイナスの体験をした。ペニスにだるいような感じがあったが、それで絶頂までの時間が変わったわけでもなく、吐き気と腹痛と気分の乱れを感じた。

 

もうバイヤグラを飲む気にはなれないといっています。
このように服用しても、全く反応のない男性もいます。効果には個人差がありますので、注意が必要です。

 

 

 

バイヤグラと社会学者の意見

 

社会学者は、正常かどうかを判断することを仕事しています。個人がいかにして社会の規範を自分のものとするのか、正常者と異常者を誰がどのように定義するのか、バイヤグラが現れ社会現象が起こると社会学者は当然注目するのです。

 

バイヤグラに関してもそうでした。バイヤグラのデビューは周りからは当然のことと思われていました。社会規範・思想・期待などが入り混じり。バイヤグラに関する情報は一気に巨大化しました。

 

社会学者はバイヤグラが正常かどうかを判断した時に、バイヤグラを利用する人は正常なのか異常なのかということです。もちろん製造元のファイザー社や泌尿器科医は、バイヤグラは患者を正常な状態に戻すという。しかし、クスリによって一時的に勃起能力を得ただけに過ぎないものが治療と呼べるのだろうか?

 

バイヤグラの登場以降、アメリカにおける正常なセックスの意味はますます意義が狭くなってきた。正常なセックスは正常な人間性の外見上の要件なので、クスリの広告が定義するバイヤグラ使用者のセックスは正常なセックスとは呼べなくなってしまったからです。

 

勃起不全が軽度の人はたくさんいます。常に挿入可能な高度を維持できる男性が正常で、たまに立たないことがあるという問題すら抱えていない男性のことを指します。正常な女性とは、性欲があり、性的に興奮しやすく、良く濡れ、オーガズムに達する女性を意味します。

 

基準がこんなに高くては正常なセックスはバイヤグラの性でどんどんなくなっていくのではないでしょうか?